家づくりで最も圧縮すべきコストとは? ①

「家づくり」をスタートさせると
必ず資金計画を立てることから始まります。


「無理ではないはず!」
と思って高めの金額でローンを組んでしまうと
実際の返済が始まった時に
急な出費などで生活が圧迫されてしまう事も考えられます。

また、毎月の返済金額が7万円で抑えられるのと、
10万円も支払うようになるのとでは、
35年間という長い長い返済期間を合計すると、
1260万円も自由に使えるお金が違ってくることになります。


また、この3万円を毎月ただ貯めるだけじゃなく、
節税機能も兼ね備えた金融商品に預けていくとなれば、
その差はおそらくもっと開くことになるでしょう。

日本は、少子高齢化問題にともない
社会保険料や税金の負担は増え
年金の受給金額は減っていくでしょう。

それゆえ、確実に不足するであろう将来の資金を、
自分自身でしっかりと確保するためにも、
節税、運用を行いながら貯めていく必要があります。

だからこそ、一生も最も大きな買い物と言われる
「家」に関して、無駄のない計画が必要です。

○最小限の予算で家づくりをするための基礎知識


「家づくり」の予算を抑える=建築費用を最小限に抑える
と考えがちです。


もちろん、それはそれで大切なことの1つです。

ですが、家の費用を最小限に抑えることが出来たとしても、
考えるところは、それだけではありません。

「家づくり」の費用を最小限に抑えるためには、
土地にかける費用も圧縮しないといけないですし、
同時にまた庭にかける費用も圧縮しないといけません。

つまり、土地、家、庭、の3つ全てを
最小限の予算で手に入れるように
しなければいけないということです。


もちろん、やみくもに費用を圧縮したのでは、
住みにくかったり使いづらかったり、不便だったり...
してしまいますね。


それでは今後の暮らしに支障をきたしかねないので、
住みやすさや使いやすさ、利便性などを、
損なうことなく実現することを前提として考えていきましょう。


○土地予算を最小現に抑えるために知っておくべきこと


土地にかけるお金を最小限に抑えようと思うと、
まずは、知らず知らずの間に受け入れてしまっている
土地に関する常識や当たり前を
疑ってみることから始めなければいけません。


では、どんなポイントがあるのでしょうか...?

明日の(②へ続きます!)

なぜ浴室換気は重要なの?

家にとっての大敵である「湿気」。


窓の周りや風通りの悪い収納部分、そして大きな家具の後ろなどは
カビの生えやすい要注意な場所です。


では、家の中で最も水浸しになる「浴室」は
どうでしょうか?


○お風呂の換気扇が持つ大事な役割


仕事から帰ってきてホッと一息。
「ご飯」と並ぶ憩いの時間といえば、
「お風呂」ですよね。


では、お風呂でゆっくり湯船につかりながら天井を見上げた時、
必ずそこにあるものといえば...「換気扇」ですね。


24時間換気してくれる、この「換気扇」ですが
実は快適なバスタイムを
保つのにとても重要な役割があるんです。


○浴室換気が大切な理由


お風呂の換気の事を、「浴室換気」と言います。


浴室換気の重要性として、
以下のようなものがあげられます。


・カビの発生を抑えられる


浴室はカビの発生しやすい場所...。


換気扇をつけることで湿気のある空気を外に逃がし、
カビの発生を抑制する効果があります。


また、湿気を逃がすことで
お風呂場の湿気による家へのダメージも防ぐことができ、
結果的に木造住宅の寿命を長くすることにもつながります。


・臭いが残らず、いつでも清潔に使用できる


お風呂場は毎日掃除をしていても、
抜け毛や石鹸カスが排水溝にたまり、
臭いが発生してしまうことがあります。


その臭いも、換気扇を回すことで、
臭いが発生してもすぐに外に汚れた空気を
排出することができます。

○浴室換気は窓を閉めて行う


浴室のみならず計画換気全体に言える事ですが、
計画換気は「窓を閉めた状態で行う」ことが基本です。


窓を開けて喚起を行ってしまうと、
計画外の所から空気が出入りしてしまうため、
空気が部屋全体を循環しなかったり、
花粉などの外部の物質を室内に取り込んで
しまったりする可能性があります。


計画換気を行う場合は、
フィルターの付いた換気システムを通じて
行うようにしましょう。


清潔で温かい浴室空間実現のため
換気扇の正しい使い方を覚えておきましょう

平屋に広い土地なんて必要ない!?

現在人気の「平屋」の住宅ですが
平屋を建てる際には、広い土地が必要になるイメージがあります。


ですが、一体どの程度の土地が
必要になるのでしょうか?

家が建っていない土地だけを見ると、
自分が持っていたイメージよりも
遥かに狭く小さく感じてしまったことはありませんか?


そして、そう感じてしまったことにより、
自分たちは2階建しか建てることが出来ないと
決めつけてしまっていたり、

あるいは、平屋が建てたい方などは
もっと広い土地を探そうとしてしまっていませんか?


しかし、実際に土地に合わせて設計してみると、
狭い狭いと思い込んでいた土地にも、
イメージよりも大きな家を建てることが出来
思った以上に土地に余白が出来たりします。

例えば、平屋を建てようと思えば、
「最低でも80坪ぐらい?出来れば100坪ぐらい。」


とお考えの方も多くいらっしゃいます。


また、土地のプロである不動産屋さんからも言われ、
建築のプロである住宅会社の方からまで言われたとしたら、
確実にそのように思い込んでしまいますよね?


しかし、実際には、
50坪という広さがあれば平屋を建てることが出来るし、
土地の条件によったら
40坪代の土地でも充分平屋を建てることが出来ます。

もし、住みたいと思うエリアに
50坪の土地があったとします...。


そして、その地域では、
1階だけで土地の広さの60%までつくっていいと、
建築基準法で決まっているとします。


となると、その土地には、
最大で30坪という広さの平屋を建てることが出来ます。


これを前提として、
車をとめるスペースがどれだけ必要になるのか?
など、その土地が持つ条件を考慮しながら
間取りを考えていきます。


もし、車が2台でいいのだとしたら、
2台分の駐車場だけ確保して、
残りの全てを家に使ってみたり


必要な車の台数が3台だとしたら、
3台分の駐車場だけ確保して、
残りの全てを家に使うこともできますね。

もちろん、30坪という面積を超えない範囲で、です。


とはいえ、仮に1階だけで30坪とれるとしても、
平屋よりも2階建にした方が、
全ての部屋に採光とプライバシーの両方が確保しやすいとしたら、
無理矢理、平屋にするというのもまた間違った考え方なので、
一概に平屋がいいというわけでもありません。


実に多くの方が、更地の土地を見た時、
どうしても狭く小さく感じてしまうことから、
当たり前のように2階建ありきで家を考えます。

もしくは、
もっともっと広い土地を探し求めたり...。


ですが、必ずしもそんなことを考える必要はないということです。

土地に不必要な余白をたくさんつくってしまえば、
その工事費用が余分に掛かったり、
後々、その維持管理に四苦八苦してしまうこと可能性もあります。


また、無駄に広い土地を買ってしまえば、
工事費用や維持管理だけじゃなく、
生涯払い続ける固定資産税をも
余分に支払わなければいけなくなります。


ご家庭によっては
どうしても広さが必要だったり
庭を作りたいと思っていらっしゃることもあるでしょう。


何が正解というワケではありませんが
実際に家を建てる住宅会社に見てもらい
そこで建てられる家を知った上で、
土地を決めるようにすると安心ですね。

子供の生活に合った土地とは?

先日車を走らせていると
売り出し中になっている土地を見かけました。

土地探しは、「家づくり」を始めた時に
最も頭を悩ませるポイントの一つです。


「通勤に便利な場所がいい」

「転校させたくない」

「商業施設や病院の近くにしたい」


などなど、色々なご希望があると思いますが

今回は、そんな土地探しに関係するお話です。

土地探しと小学校・中学校の通学路


通学路で友達とおしゃべりしながら帰ったり、
通学路沿いに生えている草花で遊んだりと、
小学校時代の思い出として通学路でのエピソードを
鮮明に覚えている方は多いものです。

中学・高校時代は自転車通学の方も増え、
行動範囲が広がったことで、
世界が広く見えるようになった方も多いでしょう。


毎日通う道だから、
大人になっても通学路の思い出は
たくさん残っていますよね。


お子さんは家を建てた地域で成長していきます。


つまり、最も家づくりの恩恵と影響を受けるのは、
お子さんということになります。

お子さんにとって良いと思う土地に
家を建てたい親御さんは多いものですが、
特に土地選びの段階で、
お子さんの生活に大きな影響を及ぼすのが
「通学」の問題です。

子供の通学、どれくらい重視する?


■ 通学を重視する方の意見


「学校に近い土地」を第一条件にする方もいらっしゃるほど、
通学路を重視して土地を探される方は多いです。


その理由としては...

通学中の事故が心配
長距離の通学をさせるのはかわいそう


などの意見があります。


確かに、これから小学校入学というお子さんですと、
小学校・中学校の負担を減らしてあげたいですよね。


■ 通学は重視しない方の意見


一方、通学は重視しない方の声としては


子供の通学は一時的なもの
家づくりの満足度を下げてまで通学路にこだわるよりも
土地の利便性や建物を重視
子どもが成長して通学路を利用しなくなった後のことも考えたい


という意見があります。


通学のある時期よりも、
その後の期間の方が長いわけですから、
これもまたもっともな意見と言えそうです。


通学路にこだわりすぎることで
ベストな土地が見つからなくなる可能性は
頭に入れておきましょう。

土地探しにおける「学区」の問題


何らかの事情で、
家を建てたい学区が決まっているという方も
しばしばいらっしゃいます。

もともと、土地選びで
100点満点の土地が出ることは先ずありません。


土地選びの条件に優先順位をつけて、
優先度の低いものについては
柔軟に判断することが大切です。

子供の目線で選ぶ、注文住宅の土地


長い通学路は親にとっては心配でも、
お子さん自身にとっては
登下校路が毎日の楽しみになる場合もあるので、
一概には悪いとは言えません。


交通事故を防ぐ上では、
通学路の長さよりも近辺の歩道の有無や、
信号の状況等設備が整っているかを
確認することが大切です。

候補の土地が決まったら、


子どもたちの通学の様子
朝・昼・夜の周辺環境の様子
を見ておくと安心です。


思い通りに進まず苦労することも多い、土地探し。


大切なのは...


優先順位を決め
下調べ(周辺環境や商業施設)
決断力です!


弊社では、土地探しについてもご相談を承っておりますので
何かご不安な点などございましたら
お気軽にご相談ください。

壁紙・塗り壁のすすめ②

昨日に引き続き、建築工房手ごころがコンセプトにしている、
「本物の自然素材の家」の中で、
お客様にご好評いただいている、
塗り壁について紹介していこうと思います。


・珊瑚の塗り壁


実は、私たちが暮らす日本の風土には、
湿度調節をしてくれる塗り壁が適しているんです。


先人の知恵ですね。


ダニやカビからも家と住む人を守ってくれます。


また、サンゴは多孔質で
ホルムアルデヒドなどの化学物質を吸着・分解し
更に「呼吸する」ことで
浄化された空気を空間に出してくれるのです。

また、カルシウム・マグネシウムなどのミネラル分が豊冨なため
健康食品として製品化されており、安全性も折り紙つきです。

木材との相性も良く
清潔感溢れる真っ白な色合いは、
部屋を明かるくしてくれます。


刷毛による陰影がとても素敵なんです。

・ヘルシーカラー


最後は、ヘルシーカラーです。


その主成分である天然ミネラル分は
呼吸をするように湿気を吸ったり吐いたりします。

また、良質な珪藻土もふんだんに配合していますので、
有害物質や臭いの元になる物質を吸着し、
無害・無臭にしてくれます。


ヘルシーカラーは、いつでも人知れず
お部屋を快適に保とうとしてくれるんですね。

また、ヘルシーカラーの嬉しいポイントに
24色のカラーから選べる点があります!


濁りのないフレッシュなカラー
自然な安らぎを感じさせるアースカラー
素敵な調度品にもよく似合うモダンなカラー


などなど...


24色が、左官職人の腕から紡ぎ出される
ユニークなパターンと融合することで、
他にはない、唯一無二の素敵で安心な空間を作り上げます。

昔にはなかった様々な技術で
現在は多くの人が快適さや便利さを手に入れています。

ですがその反面、
自然に囲まれて生きてきた昔の人にはなかった
様々な病が現代人を蝕んでいるのも事実でしょう。

自然環境を身の回りに取り戻すのは難しくても、
長い時間過ごす空間を
自然に近い形にしてあげることは可能です。


「自然素材の話を詳しく知りたい!」
という方は、お気軽にご相談ください。

また、実際に自然素材にこだわって建てられてた家を
ご体感いただくことが一番と思います。

弊社で建てられたお客様に、家を見せていただく事もできます。
お気軽にご相談ください。

壁紙・塗り壁のすすめ①

さて、建築工房手ごころ では
「本物の自然素材の家」をコンセプトの一つに掲げて
「家づくり」を行っております。


そのため、お客様には...

「家族の健康を大切にしたい」

「ナチュラルな雰囲気の家にしたい」


という方はもちろん


「自然素材の壁紙が気になる」

「塗り壁が素敵!」


という方も多くいらっしゃいます。

無垢の床板や天井はもちろんですが
壁紙(塗り壁)も人気の一つなんです。


そこで今回は、壁紙と塗り壁のついて
2回にわたり、ご紹介したいと思います。


・自然素材の壁紙

現在の建てられている家の壁紙のほとんどは
ビニールクロスです。


ビニールクロスのメリットは...

比較的安価
豊富な種類
汚れが取れやすい


という点でしょう。

特に、沢山のカラーや柄から
好きなものを選ぶというのは
誰であってもワクワクしてきますね。


ですが、大きな欠点として...

呼吸をしない
接着剤を使用する
傷がつきやすい


という点が挙げられます。


ビニールクロスは、
その名の通り素材がビニールなので
通気性がなく、部屋に湿気がこもりやすい
性質があります。


さらに、接着剤や材料に含まれる成分が
シックハウス症候群の原因になる可能性があるため
アレルギー対策には向かない建材という話は有名です。


そこで 建築工房手ごころ では、呼吸をする

「自然素材の壁紙」を使用!


呼吸とは、調湿機能のことで
通気性の良さや消臭効果も期待できます。


また、使用する糊にもこだわっており
こちらも壁紙と同じく自然素材のものを使用しています。


白以外にも、カラーのものを上手使って
アクセント壁にするのもおしゃれです。

次回は、塗り壁についてお話ししようと思います。

新築する時期っていつがいい? ②

「夢の新築一戸建て、子どもが〇歳までに建てるぞ!」

「友達や親せきに立ち寄ってもらっても恥ずかしくない、
 素敵な家が欲しい!」

「様々な手続きや打ち合わせを経て、やっと完成!」


でも、完成する時期によっては意外と困ることも...


新たな暮らしで必要な物の購入時期、
職場・学校への通勤・通学、はたまた転校
寒さや暑さ、梅雨などの季節的なもの、


どんなことを知っておけばよいのでしょうか。


:お子さん(0~6歳)がいるケース

例えば、「ご夫婦共働きで、0から6歳のお子さんがいらっしゃる場合」
について考えてみましょう。

このお子さんは、もうすでに保育園か幼稚園に入っているか、
奥さんが育休中だとすれば、
どこに入園しようか検討しているところでしょう。


一番気になるのは、
園への送り迎えと通勤にどのくらい時間がかかるか
ではないでしょうか。


やはり、園は自宅に近いか、どちらかの職場に近い方が
何かあった場合にもすぐにお迎えに行けるし、
通勤にかかる時間のロスも少なくて済むようです。


(ただし、職場に近い園にすると、小学校入学時に
知っているお友達が少ないorいない、ということも。)

最近の保育園、幼稚園探しは、
どんどん時期が早まっています。

園の方針や遊具などの環境、行事など、
全く選ぶ余地がなかった、という話も耳にします。

新築工事完成時期を検討できるのであれば
新築場所か職場に近い園を時間的余裕をもって探せること、
育休中明けや4月になる前に完成し、入園or転園できること、
など、念頭において家づくりをされたほうが、
無理が少ないのではないでしょうか。


そして、次に考えておかなくてはいけないのが、

「第2子をいつ授かるのかわからない」
ということです。


子どもは授かりものといいますが、
ご夫婦共働きでローンの支払いができるという前提で
ローンの支払いがスタートしたとします。


固定資産税や住宅取得税の支払いも容赦なくやってきます。


そんな矢先、
妊娠・出産は計画的にと思っていたけれど、
ちょっと早めに第2子を授かることができたら
どうなるのでしょうか。


「嬉しいことだけれど、我が家の家計大丈夫?」


となった場合、

生活をどう組みなおしていきますか?

例えば...

「習い事は辞めないと...」

「学資保険や、自分の生命保険の支払いも、貯金もピンチ。」

「まずは食費を削ろう。安い食材は心配だけどしょうがない。」

「車は売ろう!任意保険も高いし...」


...新築時期、と簡単に言っても、
家族がいて、お子さんがいれば、
様々なことを想定しておかなくてはいけません。

全てのことには限りがあります。


使える時間、使えるお金、家事を含めての仕事量などなど。


また完成時期も、施工会社によっては、
既にご契約済みの方が多く
なかなか着工できないこともありますので
実際に状況を聞いてみる必要があります。


未経験では想像が難しいこともあります。

ご心配な点は、お気軽にご相談ください

新築する時期っていつがいい?①

家を建てたい!と思っても、

もちろん、すぐに建つわけではありません。

プランニングを経て契約し、完成するまで約9カ月。


着工してから約5カ月で完成します。

また、「着工待ち」があれば
数カ月完成が延びることもあります。


それでは、家を建てるのに最適な時期はあるのでしょうか。

今回は、様々な状況別でのおすすめの時期をご紹介します。


:ご夫婦のみ

昔から、家は冬に建てたほうが良い
と言われているそうです。


冬場は晴れていて木材が雨に濡れにくいことや、
大工さんたちにとって余裕のある時期だったということも。


ただ、現在は在来工法では1日で屋根まで造ってしまうので、
ほぼ問題なしと言ってもよいでしょう。


契約してから9カ月後に引越し休みがとれるか、
仕事の繁忙期に重なっていないか等、
お施主様個人のスケジュールを参考に
完成時期を検討してみましょう。

:ご夫婦(奥様がご妊娠中とすると・・・)


12月前後・・・プランニング(奥様妊娠後期)


2月頃・・・契約(奥様出産)


4月頃・・・地鎮祭(赤ちゃんは生後2か月なので、外にも出られる。)


5月頃・・・着工


8月頃・・・竣工・お引渡し(赤ちゃん生後6か月)

お施主様の「赤ちゃん連れ引越し」のお話では、
夏場の引越しがお勧めのようです。


人が住んでいなかった家は乾燥しています。


引越しでかなりほこりもたつので、
冬場に引越しをした時は、
子どもが気管支炎や喘息に罹患する可能性も。

比べて夏場は、

寒さや乾燥で風邪をひく心配は少なくなります。

家によっては、内装のクロスの接着剤のにおいがきつく、
数日間窓を開けて換気し、やっと入居できたという事も。

引越が完了したら、
それまでの環境と同じというわけではないので、要注意です。


次回は、お子さん(0~6歳)がいるケース
学童期のお子さんがいるケースについてご紹介します。

泥棒が狙いたいと思わない家

「昔の家は玄関の鍵なんてかけなかった」

近所にどんな人が住んでいるのかをしっかり把握していた時代は、
そんな状態が当たり前だったとたびたび耳にすることがあります。

では、現在の「家づくり」において
必要な防犯とは、一体どのようなものでしょうか?
必要な防犯とは?


時代の経過と共に
地域のコミュニティが希薄になってしまった現在では、
昔ながらの
人の目による防犯は難しいのではないでしょうか?


それゆえ、毎日を安心して過ごしていくようにするためにも、
昔に比べて、防犯対策を自分自身で万全にしておくことが、
「家づくり」では欠かせない要素となります。

よくある一軒家を思い浮かべてみてください...

その家は、1階の日当たりが良い場所に大きな窓がありますね。

そこは、間違いなくリビングです。


裏に回って目線の高さに窓があれば、そこはキッチンです。


さらに、キッチンから近い場所にある小さな窓は、
トイレや洗面そしてお風呂に通じているでしょう。


丁寧に格子まで付けてくれていれば100%確定です。

2階はベランダに面していくつか窓があり、
そのうちのどれかが主寝室で、あとは子供部屋ですね。


そして、部屋とは高さがそろわない窓があれば、
そこが間違いなく階段というわけです。

いくら、敷地がブロック塀やフェンスに囲まれているとはいえ、
外から窓を見ただけで、簡単にある程度間取りが
分かってしまうものです。

これは、本当に安心して暮らしていくことが出来る
家なのでしょうか?

意外と思い付かない防犯対策

では、一体どのような防犯対策が考えられるでしょうか?


まずは、施錠ですね。


施錠忘れによる家屋の浸入窃盗被害は
とても多いそうです。

そして、窓を割ってからの侵入です。

他の防犯には...

● 窓には防犯フィルム、警報ブザーなどの設置
● 住所が分かるものと、家の鍵を一緒に持ち歩かない
● 家族以外の人間が使用したことのある賃貸住宅や中古住宅は、
  鍵が交換されていることを必ず確認
● 補助錠を設置する


このように、いくつかのアイデアは出てきます。


しかし、1つだけ意外と思い浮かばないアイデアがあります。


それは、そもそも"家の形を見直す"ということです。


家に浸入する場合...
まずは捕まらないように、死角の多い家であることが重要のようです。


つまり、侵入しやすい家と浸入しにくい家があるわけですね。

例えば、リビングの窓を小さくすることも一つです。

そうすれば、家の間取りが想像できにくくなり
防犯につながります。

もちろん、その分窓がなくなるというわけではなく、
別の形で窓をつくることによって、
光や風の通り道はしっかりと確保しています。


大きな窓を外壁から無くしてしまえば
敷地のブロックや植栽などによって、
外からの視線を遮断する必要もなくなります。


また、外壁がそのまま塀の役割までも同時に果たしてくれるため、
外構コストを大幅にカットしてくれますね。

「家づくり」において
防犯がしっかりしているかもとても重要なポイントです。


土地や周りの環境に合わせた
「家づくり」が必要ですね。


気になる方は、お気軽にご相談ください。

メートル?尺?単位の謎

メートル?尺?単位の謎

現在、一般的に使われている寸法は
メートル法と呼ばれるものです。

これは法律でも義務つけられており、
取引上の計量には国際基準である
メートル法を用いることとされています。

そのため建築業界も図面上の
寸法や面積の表記はすべてメートル法となっています。

部屋の広さは◯㎡などよく見られると思います。

ですが実際の建築現場に行くと、
職人の方たちが
「いっすんごぶ」や
「さんじゃくごすん」など
「寸」「尺」「間」といった単位を使われています。

この「寸」「尺」「間」は
かつての日本独自の単位で尺貫法と呼ばれています。

なぜ昔の単位が使われているのでしょうか?

それは人の体にフィットするような
柔軟性が秘められているからです。

起源から見てみるとその秘密がわかります。

メートル法の起源は1791年に、
地球の北極点から赤道までの子午線弧長の
「1000万分の1」として定義されています。

つまりメートル法は地球を基準とした単位だったのです。

それに対し、尺貫法は人の体を基準とした単位です。

1寸は手を広げたときの親指と中指の先の長さ、

1尺は肘から手首の間にある尺骨と呼ばれる骨の長さ、

1間は人の身長を基準としています。

こちらは諸説ありますので気になった方は調べてみてください。


この人の体を基準とした尺貫法の最もわかりやすい例が畳です。

畳の単位は、1畳(いちじょう)と呼ばれ
この畳という単位は縦6尺、横3尺となっています。

古来より「立って半畳、寝て1畳」と言われており、
このサイズが人間の動きに最低限必要な寸法と言われています。

この畳の横幅の3尺が家作りの基準となっています。

3尺はメートル法に変えると910mmです。

家の設計図を見るとこの3尺を基準として
作られていることが多いです。

柱と柱の間の長さ、部屋の間取りなどが
この3尺の倍数になっていることが多いです。

また、浴槽(ユニットバス)やトイレ、
キッチンなどの設備や機器も3尺(910mm)に
収まるように作られていることが多く、
効率よく配置されるようになっています。

また、建材と呼ばれる家を建てるために
必要な材料も尺貫法であるものが多く、
メートル法での建材より多く流通しているため、
建材にかかる材料費をメートル法での建材より
低く抑えられるといった利点もあります。

そんな建築業界以外では馴染みが無かった尺貫法ですが、
今お住まいの家も尺貫法を基準としているかもしれません。

気になる方は家のいろんな箇所を測ってみてください。