台風への備え

今回の台風3号は、日本に近づく前に温帯低気圧に変わったので
大丈夫でしたが、
梅雨が明けると、今年も台風の季節が待ってますね。

そこで今回は、風水害時の備えについてご紹介します。


暴風の影響で、家そのものにも大きな被害を受ける場合があります。

その対策として、家やその周辺をチェックし
不要なものはきちんと片づけておきましょう!


また、備蓄品も忘れずに準備します。

① 物干し竿、アンテナは外す

風が強くなる前に、外のものは家に入れるようにしましょう。

アンテナも出来れば、外しておくと安心です。


② 窓ガラス

万が一モノが当たって窓ガラスが割れた時の場合を考えて
ガラスが飛散しない様工夫しましょう。

飛散防止フィルムを張ったり、
最近では養生テープを窓に「米」の字に張ったりしますね。
用意できなかった際にはカーテンを閉めておくのも方法の一つです!


③ 停電時の気温調節

風や雨で窓を閉め切った上、停電が起こってしまったら...
乾電池式の扇風機などを用意しておきましょう。

④ 飲料水、生活用水の確保

断水する場合もあるため水を確保します。

飲料水はもちろんですが、生活用水も必要なため
バスタブに水を張っておくと良いでしょう。


スーパーやコンビニなども閉まる可能性があるので
食料品も含めて備蓄しておくようにしましょう!


⑤ 外には出ない

実際台風が来たら?
水路にゴミが溢れていると水が流れずに危険です。


雨が降り出してから見に行くのはやめましょう。


また、道路に溜まった水は濁っており
マンホールのふたなどが空いている場合にも
気が付くことが出来ません。


マンホールや用水路への落下の危険があるため
どうしても外を歩く必要がある場合は
棒などで足元を確認しながら進みましょう!

常に予報をチェックして、
なるべく早く準備をしたり、
常に備えておくと安心ですね。

PageTop